サービス利用案内

当サイトは、Internet explorer 11以上、Chrome, Safari, Firefoxの最新ブラウザに最適化されています。
ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものにアップデートしていただきますようお願いします。
各ブラウザの「インストール」ボタンをクリックすると、ブラウザの最新版をインストールできます。


ショップ運営の羅針盤となる事業計画書の作成ガイド

開業ガイド

オンラインでショップを開業する方法についてご案内します。

ネットショップを始めるにあたって、事業計画を立てていますか?

ネットショップを始めるためには、事前準備や計画が重要であり、適切な意思決定を行う必要があります。
ネットショップを成功させるために、以下のガイドとネットショップの成功例を参考にしてみましょう。

 

01. ネットショップで販売するアイテムを選定する

まずは販売する商品をやみくもに選ぶのではなく、「売れる」商品を考えていく必要があります。
ショップのコンセプトやターゲット層、顧客のニーズなどを考慮し、商品を考えてみましょう。
ですが、どんな商品でも販売できるというわけではありません。関連の法律やCafe24の利用規約により販売が禁止されている商品もあるため、予め確認しておく必要があります。
販売禁止商品については以下のリンクからご確認いただけます。

商品を選定する際には、以下のつの商品をバランスよく揃えるとネットショップでの販売と戦略に大きく役立ちます。

ネットショップで販売するアイテムを選定する
定番商品 最もベーシックな商品が含まれるよう構成します。
定番商品は、ネットショップの安定した売り上げにつながります。
限定商品 なかなか手に入らない商品・希少価値の高い限定商品を含めてみてはいかがでしょうか。
限定商品は、他のネットショップでは購入することが難しければ難しいほど魅力が増し、顧客を惹きつけることができます。
他のネットショップにはない、ターゲット顧客層のニーズに応えられる魅力的な商品を考えてみましょう。

また、以下の内容を参考にして商品に関するアイデアを見つけてみてはいかがでしょうか。

1.今持っているアイデアを見直す

商品に関するアイデアを見つけるためのデータ確認や市場分析も大事ですが、まずは、愛着のある商品やカテゴリについて考えてみたり、日常生活で普段から不便に思っていることを解決できるような商品について考えてみてください。

2.商品展示会に参加する

機会があれば、企業が自社商品のプロモーションや販売を行う展示会を訪問してみてください。
業界別または商品のジャンル別に開催される場合が多いため、事前に情報を探してみることをおすすめします。展示会では、画期的な商品から定番商品まで、様々な商品に触れることができます。

3.SNSのトレンドをチェックしてみる

Instagram、Facebook、Pinterestなど、様々なSNSを調べてみることで、トレンドを把握することができます。
多くのインターネットユーザーがSNSを通して面白いと感じたものや人気のある物事について日常的に写真やコメントを残し、情報を発信していますので、そこから商品に関するヒントを得ることができます。

4.オンライン販売サイトをチェックしてみる

eBay・アマゾン・アリババなど業界最大規模のECサイトで人気の商品やカテゴリをチェックしてみてください。
世界中の人々が注目している商品情報を得ることができます。

02. 市場調査による供給会社の選定をする

販売する商品が決まった後は、商品を供給してくれる供給会社を選びましょう。
良質な商品を適正な価格で供給する会社を見つけるため、オフライン・オンラインでの調査及び検討を重ねることをおすすめします。
以下の内容を参考にし供給会社を選びましょう。

STEP 1. 供給タイプを決める

商品調達には大きく分けて2つのタイプがあります。

  1. メーカー(製造会社):商品をメーカーから直接仕入れる
  2. 卸売:既存のブランドや商品を購入できるメーカー、卸売会社または仕入れ代行会社から割引価格で商品を大量購入する

供給タイプが決まったら、供給会社を国内業者にするか海外業者にするかを決めましょう。
国内業者と海外業者のメリット・デメリットは以下の通りです。

市場調査を行って仕入れ先を選定する
国内業者 海外業者
メリット
  • 意思疎通が容易である
  • しっかりとした製造管理と品質管理
  • 企業の信頼性と取引の安全性が高い
  • 国内マーケティングが容易である
  • コストを削減できる
  • 業者の選択肢が多い
  • アリババなどのサービスを通して簡単に業者を見つけることができる
デメリット
  • コストが高い
  • 製造できる商品が限られている
  • 認知度が低いため、品質に対する不安を抱く可能性が高い
  • 知的財産権の保護が不十分である
  • 意思疎通が困難である
  • 輸送時間が長い
  • 文化の違いによって取引がスムーズに行かない
  • 商品の輸入や通関上の制約がある
  • 取引の安全性が比較的低い
STEP 2. 見積もりを依頼する

条件に会う供給会社が見つかったら、見積もり依頼書を送付します。
確認事項は以下の通りです。

  1. 最小発注数量はどのくらいか
  2. 商品サンプルの価格はいくらか
  3. 商品価格はいくらか
  4. 商品の生産時間はどのくらいか
  5. 支払に関する別途条件はあるか
STEP 3. テスト発注

供給会社が決まったら、次はテスト用の商品を発注します。
まずは初回注文の最小注文数量などを確認し、予算内に収まるよう、テスト用商品を注文しましょう。

STEP 4. 供給会社との契約

供給会社またはメーカーを決定し、契約を結ぶ際には、必ず取引条件や関連事項を細かく確認してください。

03. 事業計画書を作成する

アイデアをもとに、時間とコストを有効活用するための「事業計画」を書いてみましょう。

なぜ事業計画が必要なのか?
  • アイデアを整理し、弱点を見つけ出すことができます。
  • 新しいアイデアを得ることができます。
  • 資金調達の際に必要不可欠です。

正式な事業計画書はその用途や提出先に合わせ作成する必要があります。基本的な内容は以下の通りです。

事業計画書の基本内容
  • 事業名、会社所在地、資本金、代表者、沿革
  • 原材料の受給:生産地、供給先など
  • 事業目標と価値
  • 顧客層と提供方法
  • 事業背景
  • 生産計画: 設備、人員など
  • 事業分野と動向
  • 予算計画
  • 市場状況
  • マーケティング戦略
  • 関連法律や手続き、保険
  • 進行スケジュール

ネットショップ運営の指針となる事業計画書を作成し、事業内容をきちんと整理してみましょう。

ネットショップの開業をお考えなら、
Cafe24で始めましょう。

無料でスタート


TOP