サービス利用案内

当サイトは、Internet explorer 11以上、Chrome, Safari, Firefoxの最新ブラウザに最適化されています。
ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものにアップデートしていただきますようお願いします。
各ブラウザの「インストール」ボタンをクリックすると、ブラウザの最新版をインストールできます。


ショップ運営ノウハウ

ネットショップの開業・運営の解説③【ECサイト構築編】

商品企画を通じて商材選定を行い、取引先の確保が終わった後は、商材を販売する「ECサイト」を構築しましょう。
ECサイト構築は、ネット上でお客様とコミュニケーションを取るための最初のステップです。

ECサイト構築に活用する「カートシステム」は、商品登録や販売機能が中心だった以前に比べ、ECが進んだ今は、事業者のニーズに合わせたさまざまな機能があります。
海外進出のための「越境ECサイト」構築やモバイルECにも対応しているので、自社の状況に合わせて利用することが出来ます。このページでは、自社EC展開を検討する事業者様向けに「ECサイト構築」について解説します。

カートシステムを活用し、自社ECサイトを構築しましょう

自社ECサイトを構築するためには、一連のプロセスが必要です。
データ保存、インターネット環境作り、ネットワーク装備、専用回線、ソフトウェアなどが必要です。また、オンライン決済や受注の入った商品発送に対応するための決済代行システムや配送システムもチェックしましょう。
このようなプロセスを自社で行うことも出来ますが、Cafe24のようなカートシステムを活用し、 ECサイトを構築することも可能です。Cafe24の費用に関する情報はこちら(▶ 費用に関するページへ)をご確認ください。


覚えやすいドメイン名を検討しましょう

素敵なレストランを訪れる際、お店の住所を確認すると同様にECサイトにもインターネット上での住所が必要です。ネットショップのドメインは、店舗の住所として役割を担います。
ドメイン(▶ ドメインに関する情報ページへ)は、なるべくユーザーから見て覚えやすいワードが含まれるドメイン名をお勧めします。商品や提供サービスをアピールでき、ショップ名をイメージしやすいワードを組み合わせると効果的です。また、競合サイトの出現に備えるため、なるべく数字や記号、一般名詞は避けたほうがいいでしょう。


自社の状況に合わせて慎重に決めましょう

ドメインは世界に1つしかない住所なので、既に登録されたドメイン名は使用できません。
商標権侵害のトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、慎重に検討する必要があります。
ドメイン名についた詳細な情報は、日本レジストリサービス(▶ ドメイン名に関する詳細ページへ)などをご参考ください。
他にも、政府が認証した公認事業者サイトを訪問し、関連情報を確認することもできます。
ドメインは「.com」「.net」「.jp」などから選択が可能です。同じワードで複数のドメイン使用が可能な場合、追加申請を行い、代表ドメインに繋げておくと集客に役立ちます。
また、競合他社サイトへの流出を防止するだけでなく、複数のドメインを検索し代表ドメインへの流入を誘導することができます。


お客様目線でネットショップを作成しましょう

ネットショップのページを作成する際は、お客様目線でページを構成することが大事です。
まず、商品のメリットがよく見えるように配置します。
販売する商品名、価格、個数などを予め考え、メインページに掲載する商品を慎重に選別すると売り上げに繋がる可能性も高くなります。

販売商品が一目で把握できるサイトマップや目次を設けることもポイントです。
ユーザーは、訪れたサイトで商品や詳細情報の確認が難しい場合、他のサイトへすぐ流れてしまいます。なのでユーザーにとってより分かりやすいページ作りを心掛ける必要があります。

また、ECサイトで購入を妨げる要素は最低限にしなければなりません。実際、多くの人が訪れる人気サイトの場合、ポップアップウィンドウはあまり見られません。
ポップアップウィンドウよりは、お知らせ情報や詳細ページを有効に活用しましょう。画像サイズの最適化や商品ページの表示速度を改善させることも大事です


お客様を魅了するネットショップを作りましょう

お客様目線でのネットショップデザインは、競争力を高める要素です。ターゲット特性やショップのコンセプトを考慮した上で、お客様が買い物がしやすいレイアウトで作成しましょう。
こちらのページで多様なネットショップデザイン(▶ Cafe24デザインへ)が揃いているのでぜひご確認ください。

ショップのコンセプトに合うデザインやカラーは、売り上げに影響するので慎重に決めましょう。また、ショップの写真やフォントも一貫したデザインとカラーを使用することで、印象に残りやすくリピーター獲得に繋がりやすくなります。

ネットショップのロゴを検討する際は、ショップ名と関連するマークやカラーを使い、ネットショップのコンセプトと一致させることが大事です。また、ページに使うフォントによりショップのイメージも変わるので、フォント選定も大事ですが、商業的な利用についてはきちんと確認を行ってください。


まとめ

今回は、自社ECサイト構築の際に必要な情報をお伝えしました。
自社の状況に合わせたカートシステムを選定し、ドメイン名を慎重に決めてから、お客様目線でネットショップを作成することがポイントです。お客様に継続して利用してもらえるかがネットショップ成功のカギとなるので、購入し易いネットショップの作成を目指しましょう。

게시안함 삭제 수정 관리자게시



TOP